投資に対する責任ある姿勢

ジュリアス・ベアのウェルス・マネジメントでは、今後数年間、立ちはだかる難問は、依然として経済および政治環境である可能性が高いと認識しています。これに照らして、ジュリアス・ベアでは従来型投資パラダイム以上の取り組みを展開していきます。そのためには、パッシブ投資アプローチよりも投資リターンを拡大できるような、ダイナミックで信頼性のあるアプローチとお客様の資金を大切にするような取り組みをしていきます。

ジュリアス・ベアの投資アプローチのコア・コンポーネント

投資サイクル全てに渡って魅力的なリターンを達成

ジュリアス・ベアの投資アプローチは、アクティブなリスクマネジメント、責任投資戦略、そしてアクティブな資産配分という3つのコンポーネントから構成されています。

この3点すべては責任投資戦略に端を発しており、確実にリターンを得ることに重点を置いています。ジュリアス・ベアは、国連が支援する責任投資原則(Principles for Responsible Investment(PRI))に署名し、それを会社の経営方針に取り込んでいます。この戦略は、内容(高いフリーキャッシュフロー、魅力的な配当、健全なバランスシート、強力な市場リーダーシップと営業マージンを持つ企業を含む)、利益、革新性そして成長力をもった責任投資を中心とした、広範な投資ユニバースから構成されています。

幅広いサブ資産クラスに投資するポートフォリオは、魅力的なリターン、安定性、分散の拡大といった多くのメリットをもたらし、また大規模な損失も回避します。

アクティブなリスクマネジメントのコンポーネントには、損失を制限するようなポートフォリオのアクティブ運用が含まれます。アクティブなリスクマネジメントにより、市場環境が悪化した場合のパフォーマンスに対する影響がわかります。お客様のポートフォリオを運用するに当たっては、ジュリアス・ベアでは、重大な損失を回避すべく素早く対応するために、アクティブな投資引き上げ管理を実施しています。調整を行うことでリターンが拡大され、また修正により投資機会のほとんどを活用することができるようになります。

最後に、アクティブな資産配分を通じて、投資機会が発生した場合にはそれを有利に活用することが可能となり、それによりリターンを拡大することができます。


ジュリアス・ベアのウェルス・マネジメントによるカスタマイズされた投資アプローチがもたらすメリット

  • 通貨リスクに配慮しつつ、幅広いサブ資産クラスを含む分散化された投資ユニバースを通じて、お客様に確かなリターンを提供いたします。
  • お客様の資産を投資する際に重要視することは、利益や革新性、成長力だけではなく、席になる事業活動・高水準なフリーキャッシュフロー、魅力的な配当金、健全なバランスシート、強力な市場リーダーシップと営業マージンを考慮いたします。このような企業への投資は危機時の損失が少なく、その後の回復も早いという傾向があります。
  • 幅広い資産クラスへのアクセスは資産分散化をもたらすだけでなく、変動する市場環境に対応できる十分な余裕を生み出します。
  • ポートフォリオの安定性を高める:アクティブなリスクマネジメント、幅広い分散投資、そして時には資産売却マネジメントを通じて、大きな損失を回避します。また、決して妥協しない投資プロセスによって、すべての投資サイクルでのお客様の資産の拡大が可能となるのです。
  • アクティブな資産配分によりリターンを高め、投資機会を最大限活用します。

詳細情報

お客様を担当するリレーションシップ・マネージャーが、より詳細な情報をお届けします。